少しでも変調を感じたら完治まで投げない

変調を感じたら完治まで投げない

身体に変調を感じたら完治するまで投げるのをやめましょう。

 

 

特に、肩とひじの関節の痛みだけは絶対に無視してはいけません。

 

 

筋肉の痛みであればすぐに直る可能性が高いので、まだいいのですが、

 

 

関節はある程度損傷してしまうと2度と元にもどらなくなります。

 

 

筋肉の損傷と違い、関節の軟骨や関節円板、関節液といったものは修復しにくく、修復しても時間がかかるものなのです。

 

 

初期症状のひじの内側の痛みでさえ、完治するまでに約1ヶ月はかかります。

 

 

少し重くなると3ヶ月〜1年以上もかかるようになります。

 

 

身体を大事にできないスポーツ選手はその資格がありません。

 

 

歪んだ自己犠牲の精神や、勘違いした努力というのは長い目でみると誰のためにもならないのです。

 

 

まして、長く野球を続けるつもりだったり、プロに入れるかもしれない選手などは、一時的なくだらないことで選手生命を絶たれることは避けてください。

 

 

もしもそのようなことを強制・推奨するような場所にいるなら、その場所はあなたの将来なんて真剣に考えていませんから、即離れるべきです。